ドワーフトマトF6(雑種6代目)のタネをまきました。2021年7月、室内水耕栽培をスタートしています。

ドワーフトマト
スポンサーリンク

自家採種をくりかえしているドワーフトマト

自分のお気に入り

この春タネまきした5代目のドワーフトマトも実をつけてくれて、育てた6株の中から1番元気で味の良かった1株からタネを採種しました。

5代目ともなるとだいぶ固定されてきたのか、正直、6株の差があまりわかりませんでした。

それでもすこしでも好みの草姿と実の味をもとめて選別して、タネを採種したのです。



2021年7月、採取した6代目のタネをまきました。

まだ7お月ですが、開花と収穫は秋そして冬になりますから、室内での栽培になります。

今回もうまく育ってくれると良いのですが。

ドワーフトマト(F6)栽培の方法と様子をお伝えします。

姿も味も、売られている交配品種には及びませんが、わたしだけのドワーフトマトって感じで、愛着が湧いてきます。

わたしがそだてているドワーフトマト

わたしがうちでそだてているドワーフトマト

栽培して収穫、実の中からタネを採って、また、タネをまいて育てる。

それをくりかえして、6代目になった矮性のミニトマトです。

元の親にあたる1番最初のトマトは、ドワーフトマト・プリティーベルです。

練馬のオザキフラワーパークさんで見かけて衝動買いしたのでした。

水耕栽培に挑戦して、なんとかうまく育てられました。

そして、できた実の美味しさには、ぶったまげました!!

普通以上においしい、しかも自分好み。


ドワーフトマトというと、レジナを思い浮かべる方も多いと思いますが、わたしもどちらかと言えば味よりも鑑賞に重きをおいた品種だと勝手に想像していたんです。

それなのに、ちゃんと美味しいドワーフトマト、初めてでした。

これが、わたしがドワーフトマトに夢中になるきっかけ。

じっさいに育てて.食べて感動して、もう1度そだててみたいと思ったとき、プリティーベル苗の販売はもう終わっていたんですね。

そこで考えたのが、できた実からタネを採って、それを育ててみたらどうだろうという事。

2代目の栽培は、秋冬春にまたがる年越しで、かつ、初めての室内での水耕栽培でしたが、収穫までできました。

この冬季の室内栽培に成功が、ますますドワーフトマト栽培を夢中にさせました。

味に関しては、あの最初に感動したときのようなすばらしい味ではありませんでしたが。

自家栽培で、採種をくりかえして、味の良いドワーフトマトが生まれてくれないかなあ、そんな甘ーい夢も抱いてしまいました。



ドワーフトマト(F6)のたねをスポンジにまきました。

2021年7月

いつもはバーミキュライトの培地に発根させたタネをまくのですが、今回はもっと簡潔な方法をためせないかと思い、定植に使うスポンジに直接タネをまきました。

202年7月21日

発芽を確認しました。

濡らしたティッシュにタネまきして発根を確認してからスポンジにうつしているで、芽がでてくるのはわかっているのですが、それでもこうして双葉がもちあがってくるのをみると、とてもうれしい気持ちになります。

今のところスポンジで発芽させて育苗するのも全く問題ないようです。

バーミキュライトに比べて若干乾燥気味な気がするので、1日1回、スポイトで上から水1,2滴を、垂らしました。


7月26日
かわいい本葉がでてきました。


ただバーミキュライトに種まきしたときよりも気分的に落ち着かないです。慣れているバーミキュライトを培地にした種まきや育苗のほうがやっぱりいいかもしれません。


浅型水耕栽培容器に定植しました

8月17日
本葉が数枚展開し、根もある程度のびましたので、水耕栽培容器に定植しました。

容器は浅型の容器を使用しています。養液は、ハイポニカを1000倍に希釈したものから、はじめます。


画像では、わかりにくいですが、本葉が若干巻いているような気がします。8月ですから室内の温度もかなり高いです。そのせいかもしれません。高温障害なのかな、あまりひどくならないと良いのですが。


8月30日
開花しました。

昨年、おととしの栽培では、実が赤く色づいて収穫できたのが翌年の2月とかになっていたので、今年はクリスマスころには赤い実を眺めたいと、かなり早いタネまきをしたのでした。

予定通りには行かない気がしてきました。かなり室温が高いです。もしかしたら着果しないかもしれない、そんな不安が頭をよぎります。

さいごに

この F6 ドワーフトマト栽培は室内で行っていますが、一方ベランダでのドワーフトマトF4,F5の水耕栽培の様子はと言うと、昨年と同じく、開花はしても全く受粉しない状態がつづいています。

今年の8月の天気は、昨年よりも不快指数が高い天候だったようなきがしませんか?そのせいだと思いたいのですが、ドワーフトマトの葉も枯れたり、元気がなくなったり、そして尺取虫にくいあらされたりで、じょうずに管理できていません。

室内の栽培では、少なくとも虫の被害はありませんし、LEDライトのおかげで日照時間は確保できます。おいしい野菜が室内でそだてられますとはまだ言えませんが、ふつうにドワーフトマトは栽培できます。

いちばんのネックは、LEDライトの照射範囲が限られること。60センチ水槽用なので、そのくらいのスペースでしか室内菜園ライフを楽しめないことです。

できる範囲内で遊んでいればいいのですが、、 ちょっと欲張りすぎですかね。

それでは また。

コメント