yumeto

スポンサーリンク
ナスタチウム

自作容器で水耕栽培。ナスタチウムをそだててみました。2021年。

2021年春、ナスタチウムのタネをまきました。昨年に引き続き、水耕栽培に挑戦しました。昨年(2020年)のようすはコチラ 初めて、ナスタチウムを育てたのです。しかも水耕栽培で挑戦しました。結果は茎が上に伸びすぎたうえに、...
レタス

リーフレタス・マザーグリーンを水耕栽培、2021。根腐れ?を克服するため、プラカップを使用した新しい方法もやってみました。

リーフレタスのマザーグリーンをベランダで水耕栽培しています。マザーグリーンはタキイ交配さんの品種。パリッとした玉レタスに似た食感が特徴のリーフレタス、と説明書きがあります。そだてて、食べてみた感じは、玉レタスに似てるとは感じませんでしたが...
バジル

バジルを自作容器で水耕栽培してみました。プラカップに移植する方法と防虫ネットで、良い感じです。

家庭菜園の定番のハーブといえば、スイートバジルもその1つではないかとおもいます。一昨年(2019年)、バジルを鉢で栽培しました。生育旺盛で、とても育てやすいなと思いました。わたしのウチでは、思ったほど出番がなくて、茂った葉っぱを使いきれず...
ドワーフトマトプリティーベル

【ドワーフトマトを育ててみたい方・必見】ドワーフトマト・プリティーベル は、どこで入手できる?絶対に苗を手に入れる方法。

完全に、はまっているドワーフトマトの栽培とやさいの水耕栽培。夢中になるキッカケになったドワーフトマト・プリティーベルを毎年そだてています。今回は、そんな私のようにドワーフトマト・プリティーベルの魅力に取りつかれてしまうマニア予定者?に向け...
チマサンチュ

チマサンチュをベランダで水耕栽培しています。8月23日に種まきしました。2021年秋冬

おすすめの水耕栽培しやすい葉物野菜と言えば、チマサンチュです。これまで何度も、チマサンチュを水耕栽培でそだててきました。アオムシやアブラムシなどの害虫はつきますが、成長も速く、掻き採りしながら長く収穫できる野菜として、おすすめしてきました...
ドワーフトマト

ドワーフトマト(第6代目)を水耕栽培しています。2021年秋の続き~年末。

2021年の夏に種まきして育てているドワーフトマト。簡単な水耕栽培容器でそだてています。自家採種をくりかえして6代目に入りました。順調に育てることができて、室内で栽培している株からは、実を収穫しました。その実が、それまで育ててきた2代目か...
クレソン

クレソンをベランダで水耕栽培してみました。ハイドロコーンを培土に使った方法です。

わたしは、以前、クレソンをプランターで栽培していました。培養土の表面一杯にクレソンは繁茂して増えていきました。伸びた茎の途中から根が出てきて、新しい脇芽が出てのびていくのです。また水がたっぷりあっても、根腐れなどはせず、どちらかというと水...
イチゴ

四季成りイチゴ,プランター栽培を継続中(3年目)です。

ベランダで四季成りイチゴ(デルモンテ、めちゃウマッ!いちご)をプランター栽培しています。購入した苗3株を1つのプランターに植え付けました。そのまま栽培し続けて、3シーズン目となりました。デルモンテの四季成りイチゴ、めちゃウマッ!イチゴの栽...
ディル

ハーブの仲間、ディルをベランダで栽培しています。ディルを育てる時の注意点とは。

ハーブの一種であるディル。草丈が1メートルくらいになるハーブです。ハーブとして使用するのは主に葉の部分です。タネも使えます。花が咲くとタネが熟すまでまちます。そうして、またタネからディルを育てています。最初は、友人の勧めでディルをそだては...
ドワーフトマト

ドワーフトマト(第6代目)を定植しました。2021年秋、ベランダと室内で水耕栽培しています。

自家採種をくりかえして育て続けているドワーフトマト。2021年の7月、6代目となるタネをまきました。順調に育苗できて、8月後半には3株づつ計6株を、ベランダと室内の両方で水耕栽培をスタートしています。昨年よりも1ヶ月以上早く栽培をスタート...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました